ブログ「Giardino da mangiare おいしい庭」

生活を豊かにするアートと美味しいものをテーマに編んでいます

スパイスの力を気軽にとりいれる方法



スパイスカレー作りにチャレンジして、余ってしまったスパイスを冷蔵庫で持て余していませんか? カレーよりももっと手軽にスパイスをとりいれられるおすすめの方法があります。それは「スパイス白湯」。日経ARIAに紹介記事がありました。


https://aria.nikkei.com/atcl/cc/nh/100300007/080600043/


記事中には100~150mlのお湯に、パウダー状のクミンとコリアンダーをひと振り

して、混ぜながら啜ると紹介されています。


スパイス白湯は気分次第でブレンドを変えて、好みの香りのスパイスを組み合わせられるのが楽しみのひとつです。


私のお気に入りは、ジンジャーパウダーとの組み合わせ。フェンネル+ジンジャーパウダー、カルダモン+ジンジャーパウダー、ターメリック+ジンジャーパウダーなどなど。


胃腸を整えて利尿作用のあるフェンネルは、飲むと身体のめぐりが良くなるように感じます。カルダモンは香り豊かでシナモンや甘味とも相性が良いです。ターメリックはカレーのスパイスとして有名で、肝臓に良く抗炎症作用や解毒作用があり、お酒を飲みすぎた次の日にもいいですね。飲むと身体が温まります。


人は足りない栄養素を補うために、必要な栄養を含んでいる匂いを「良い香り」と感じたりするものです。スパイスそれぞれの効能を知識として知らなくてもOK。身体が欲している香りを組み合わせて、スパイス白湯を楽しんでみてください。




9回の閲覧

最新記事

すべて表示

© 2023 by The Painter​