ブログ「Giardino da mangiare おいしい庭」

生活を豊かにするアートと美味しいものをテーマに編んでいます

腸をととのえるスープ


時代ごとに流行りのキーワードがあるもの。


最近はよく「整う」という言葉を目にします。


部屋を、自分を、体調を整える。そこに関心が向うのは、健やかだなと感じます。


最近のマイブームは、腸内環境を整えること。『アダムスキー式「最高の」腸活メソッド』にハマっています。アダムスキー式の特徴は、消化の良い「ファスト」な食べ物と、消化に時間のかかる「スロー」な食べ物とを、ごちゃ混ぜに食べずに、時間を分けて食べること。


この本を読んでからというもの、朝の食事によく作るようになったのが、玉ねぎとトマトのスープです。


生姜とニンニクを刻んでオリーブオイルで炒めて香りを立て、みじん切りにした玉ねぎを入れて火が通ったら、トマトもみじん切りにして入れて、水を入れてコトコト火が通るまで煮込む。味付けは塩胡椒。食べる前にエキストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけていただきます。


消化の良い「ファスト」な材料でつくった、この玉ねぎとトマトのスープを頂くと、しばらくしてから腸がぐるぐると元気よく活動を始めるのです。さっぱりして食べやすく、美味しい! 玉ねぎ1個とトマト1個で作ると、たっぷり3人前ぐらいにはなるのですが、1人でぺろりと食べてしまったりもします。


果物とヨーグルトの組み合わせも好きですが、冷たいものばかりでは身体が冷えてしまうので、身体が温まるスープで腸活できるのが気に入っています。


写真はちょっと玉ねぎと焦がしてしまった、スープ。クミンをたっぷり入れるのも、香りも楽しめておすすめ。次に作るときには、フレッシュでいただいたオレガノを加えてみようと思います。

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

© 2023 by The Painter​